人気ブログランキング |
東京中医薬研究会TOP
>
東京パンダ[エキサイトブログ]

東京中医薬研究会がお届けする、耳寄りな情報のブログです。
by tokyo_china-sl
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ:痛み ( 1 ) タグの人気記事
 
深秋から冬にかけての関節痛と独歩顆粒
秋もだんだん深くなり、いよいよ冬の寒さになってまいりました。
普段関節痛または筋肉の痛みがある高齢の方や、寒風にさらされ関節痛や筋肉の痛みが再発してしまうケースなども多くなる時期です。
その原因は様々で、季節の移り変わり目は痛みが悪化することがよくあります。
老化とともに寒冷に対する抵抗力が弱くなり、外からの風、寒、湿など気候因子が関節や筋肉に大きく影響して、経絡、筋肉、関節の気血のめぐりを阻み、関節の痛み、腫れ、運動障害が誘発されると中医学では考えます。

独歩顆粒は中国における唐の時代の有名な古典医籍『備急千金要方』に載せられた「独活寄生湯」より開発された薬剤で、袪風散寒、袪湿通絡と補腎養血の作用を持ち、それを服用することによって これからのの季節に発生しやすい痛みを和らげる働きが期待できます。
同時に、天候の変化に合わせて体を冷やさないように心がけましょう。

独歩顆粒は一日2回、食間または空腹時にお飲みいただくことで、疲れやすく下肢が冷えやすい方の腰痛、関節痛、下肢のしびれ、痛みなどに対する効果が期待できます。
日々の散歩が楽しくなりますよ!
お問い合わせは、パンダマークでお馴染みの東京中医薬研究会の薬局薬店でご相談ください。
by tokyo_china-sl | 2013-11-29 16:54 | 中医学,痛み